外貨預金に相続税はかかる?


外貨預金を利用するメリットの一つに相続税などの
税金面でのメリットがあります。

世界にはタックスヘイブンという地域が存在します。

この地域では税金がかからない、または
非常に税金が安いということになっています。

その国の通貨にて資金を運用すれば収益を得たとしても
税金が発生しないのです。

大富豪の中にはあえてタックスヘイブンの地域での
資産運用をしている方がたくさんいます。

ですが、基本的に外貨預金で収益を得た場合、
日本において申告をしなければなりません。

その際には税金が発生してしまうのですが、
これを無料化するテクニックがあります。

それが相続税です。
相続税の制度は国によって違いがあり、
例えば香港で説明します。

香港の場合、生前贈与では相続税が適用されません。
つまり、相続人、相続を受ける人、双方が生前に香港に
移住しているという証拠があれば資産を全て
生前贈与という形で移してしまえば良いのです。

これは外貨預金を香港ドルで行えば良いという結果になります。

海外口座にはこの他にもメリットがたくさんあります。

現在、日本での金利は著しく低くなっているので外貨預金を利用して
資産を上手に活用していければと思います。

素人ではなかなか難しい面もあるのでファイナンシャルプランナー
などのプロに任せるのも一つの方法だと言えます。




posted by 賢い預金で暮らし上手 at | 外貨預金とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


金融機関の信頼
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。