外貨預金は福井銀行ではどう?


外貨預金は日本の預金商品の中でも人気のあるもので、
福井銀行でももちろん販売されています。

福井銀行では外貨普通預金と外貨定期預金の
2種類の商品が用意されています。

まず外貨普通預金ですが、20歳以上の方であれば誰でも
利用できるようになっています。

福井銀行ではアメリカドルを始め、ユーロ、オーストラリアドル、
イギリスポンドなど10種類の通貨で運用できるようになっています。

日々の為替レートが適用されるので変動金利となりますが、
いつでも好きな時に引き出せるのが普通外貨預金の特徴です。

外貨定期預金はこちらも20歳以上であれば誰でも利用できるようです。

運用できる通貨はアメリカドル、ユーロ、オーストラリアドルの
3種類です。

この3種類は自動継続扱いとなるので自動継続しない場合には
オーストラリアドルを除いた2種類での運用となります。

定期預金の場合は預入期間が決められているので注意しましょう。

現在世界の経済状況がかなり変動しているのでアメリカドル、
ユーロともに先を見通す目が必要になります。

外貨預金は余裕資金を運用する手段として用いる方が多いと
思いますが、ある程度知識を得た上で行った方が良いと思います。

資金運用する時期もですが円に払い戻しする時期も重要となります。




posted by 賢い預金で暮らし上手 at | 外貨預金とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


金融機関の信頼
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。