定期預金のペイオフって何?


金融機関には必ずペイオフという制度があります。

ペイオフというのは預金保険制度といい、
万が一金融機関が破綻した時のために預金者を
保護する目的で作られた制度です。

定期預金にももちろんペイオフは適用されるのですが、
ペイオフが適用されない預金についても
知っておかなければなりません。

ペイオフで保護されるのは1000万円まで、
更に普通預金が優先とされます。

例えば一つの銀行に1500万円の預け入れがあった場合、
普通預金が900万円、定期預金が600万円なら
定期預金については100万円しか保証されないのです。

以上の点から考えると一つの銀行にまとまった資金を
預け入れしない方が良いと言えます。
なるべく複数の銀行に分けて預金を行った方が良いでしょう。

その際の金融機関もペイオフの対象となるものに
しなくてはなりません。

ですが、現在日本国内に存在する金融機関については
全て対象になるので安心してよいと思います。

地方銀行を始め、店舗のないネット銀行やゆうちょについても
保証対象となります。

定期預金は利息の観点から預け入れする方も多いのですが、
最近は金融機関破綻という問題が発生しています。

1000万円以上にならないように気をつけながら
預け入れを行いましょう。


posted by 賢い預金で暮らし上手 at | 定期預金について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


金融機関の信頼
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。