定期預金の元加方式について


定期預金でも元加方式が取られることもあります。

元加というのは発生した利息を残高に組み入れる
という方式になります。

つまり現在までに発生した利息を預け入れ時の利息に
加えるという定期預金なのです。

元加方式の定期預金は他の利率計算方法に加えると
お得になる計算になります。

元加の期間については各金融機関によっても異なるので
定期預金を組む前に問い合わせを行っておきましょう。

元加の方式によっては預け入れ期日を考えて行った方が
更に優遇されることもあるのです。

定期預金の自動継続の場合には元加が行われることが
多くなっています。

自動継続ではその時点での利率が適用されますが、
それまでの利率に加えることになるからです。

例えば1年の満期で定期預金を組んでいれば1年前の利率が
継続時に適用されるのではなく、現時点での利率が
適用されるということです。

利率の計算については各金融機関の窓口の電光掲示板を見るか、
インターネットバンキング等でも確認が出来るようになっています。

自分で計算するのが難しい、よく分からないという場合には電話や
ネットで問い合わせを行ってみると良いでしょう。

定期預金は長く預ければ預けるほど優遇措置が取られます。
出来れば継続という形で続けていって欲しいと思います。


posted by 賢い預金で暮らし上手 at | 定期預金について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


金融機関の信頼
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。