ufjで定期預金を解約するには


定期預金をufjで解約する時にはまず問い合わせから
行ってみましょう。

いつの時期で解約するのか、手続きに必要なものなど
電話かインターネットで問い合わせておくと
窓口に行くのも一度で済みます。

解約となると解約手数料等がかかる可能性もあるので一度は
来店の必要が生じてくると思います。

また、ufjのスーパー定期では満期が来ていなくても
一部解約ができるサービスを行っています。

条件としては1年以上スーパー定期預金を
利用している方になります。

必要な金額のみを何回でも解約することが出来るので
まとまった現金が必要になった時などに便利です。

残りの定期預金については預け入れ時点での利率が
そのまま適用されるのでお得でもあります。

まとまった資金が必要な時、借り入れをすれば利息を
支払わなければなりませんが、定期預金の解約なら
自分のお金なのでムダなお金を支払わずに済むのです。

また、大口定期を利用している際に、満期以前に
解約しなければならなくなった状態の紹介をします。

ufjでは新システムを導入以後、解約までの預け入れ期間によって
利率を計算しています。

例えば預け入れして6ヶ月以上1年未満の場合は預け入れ時点での
利率に70%をかけた額で計算されます。

いずれにしても自分で計算するというのは難しいので
解約時に問い合わせをしてみましょう。




posted by 賢い預金で暮らし上手 at | 定期預金について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


金融機関の信頼
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。