財形貯蓄 三菱東京ufjは


財形貯蓄は給与の受け取りを行っている口座で
始める必要があります。

もちろん三菱東京ufj銀行でも取り扱っているので
確認してみましょう。

三菱東京ufj銀行では3つの財形貯蓄のコースを用意しています。
まず海外旅行や結婚資金など特に目的が定まっていない
方のための一般財形です。

定期預金型と金銭信託型の2種類があり、いずれも
源泉20%がかかります。
三菱東京ufj銀行では一部解約もでき、解約時には
元加に応じた利息計算が行われています。

住宅購入や増改築など住宅に関わる費用を貯める
目的があるなら住宅財形がお勧めです。

住宅財形の特徴はなんといっても非課税だという点だと言えます。

半年ごとに利息計算がされ、解約時には税金は発生しません。

しかし、住宅購入目的ではなく引き出すのであれば
課税となるので注意しておきましょう。

3つ目の財形貯蓄は年金財形になります。

こちらも非課税で、5年以上の長期に渡って行っていくことが
条件となっています。

年1回の預入になるのでそれまでにある程度まとまった資金を
自分で貯めておくことが必要となります。

都市部の企業では三菱東京ufj銀行を給与受け取り口座に
指定しているところが多いのでATM等での
引き出しにも便利だと思います。



posted by 賢い預金で暮らし上手 at | 預金の意義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


金融機関の信頼
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。