財形貯蓄を比較してみました!


財形貯蓄には一般的には3種類ほどあります。
どれが一番良いのかについて比較してみた結果を紹介します。

まず、一般財形貯蓄ですが、基本的に使い道は
自由となっています。

海外旅行に使っても良いですし、結婚資金や
子供の教育資金にするなど出来ます。
またいつでも引き出し可能で途中で一部解約もできるので
万が一の備えるためにも利用した方が良いと言えます。

この使い道についての比較では住宅財形貯蓄については
住宅購入・増改築に使う、年金財形貯蓄は年金として
利用すると目的が定められています。

これ以外に使うとその商品の恩恵が受けられないのです。

住宅財形、年金財形の恩恵とは所得税の非課税になります。
一般財形は課税対象となり、利子の20%は税金として
支払わなければなりません。
この点も比較ポイントとなると思います。

その他にも住宅財形であれば一定の条件を満たせば有利な条件で
融資が受けられるといったメリットもあります。

比較ポイントとしてはやはり所得税の面と目的の面があると思うので
その辺をしっかりと検討してみて下さい。

財形貯蓄以外にも普通預金や定期預金といった貯蓄の方法はあります。

財形貯蓄が良いのは給与天引きという形で計画的に資金管理ができる
という点にあるのでそのあたりも比較ポイントだと言えるでしょう。



posted by 賢い預金で暮らし上手 at | 財形貯蓄について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


金融機関の信頼
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。