財形貯蓄給付金の制度について...


財形貯蓄を利用した給付金の制度があります。

これは財形貯蓄を推奨している事業主のための制度で、
節税対策として取り入れている企業がたくさんあります。

財形貯蓄を導入するにあたり、メリットが3つほどあります。
その中の一つに給付金制度があるのです。

導入企業では従業員1人につき、年間10万円ほどの
拠出を行っています。
財形貯蓄の契約のある社員は契約7年後からその運用益の
一部を受け取ることが出来るのです。

育児や介護のための資金として使うなど一定の条件を
満たすことが必要です。

企業の規模によって給付金の額も異なるので、財形貯蓄契約時には
問い合わせておくと良いでしょう。

財形貯蓄にはこの給付金の他にも非課税枠がある、融資制度がある
というメリットがあります。

通常預入を行えば利子が付きますが、その利子には
年間20%の税金がかかります。

しかし、住宅財形、年金財形など特定の目的がある場合の
財形に限っては非課税となっているので利子が
まるまる収益となるのです。

融資制度は一定の条件を満たせば最高で4000万円ほど
有利な利子で借りることが出来ます。

これは住宅のための融資で、教育のための融資であれば
最高450万円までとなっています。




posted by 賢い預金で暮らし上手 at | 財形貯蓄について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


金融機関の信頼
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。