外貨普通預金の引き出しについて


日本国内で一般的にお金を金融機関に預けるには
「普通預金」と「定期預金」がありますよね。

同様に外貨預金の場合も「外貨普通預金」と「外貨定期預金」
というものがあります。

国内の預金と比較して高い金利で預けることが可能ということで
人気が高まっています。

非常に金利が高いのなら、みんな外貨預金にすれば良いじゃないか
と考えるかもしれませんが、円高になった場合、円に交換する際の
レートが変わっており、損することもあるということです。

また、交換の際には手数料も必要となりますね。

外貨普通預金というものも基本的に国内の普通預金と同様です。
預けているお金はいつでも自由に引き出しができますし、
預入期間も自由です。

外貨定期預金に関しても期間が定められた定期預金であり、
中途解約が原則できないので引き出しも自由に行えません。

為替レートの変動などにも対応できないので
リスクが高いと言えます。

外貨預金を始めようというのであればまずは外貨普通預金から
始めるのが良いでしょう。

預け入れる金額もできれば小額にして、初めは外貨預金が
どういったものなのかを知るべきですね。

外貨普通預金なら最低金額が1,000円からという場合もありますし、
いざという時にはすぐ引き出しができるのでリスクは小さいです。




posted by 賢い預金で暮らし上手 at | 外貨預金とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


金融機関の信頼
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。