足利銀行の外貨預金


資産運用の方法の一つとして、円以外の通貨で預金をすることで、
円での預金よりも高い金利で運用することができる
外貨預金という方法があります。

各金融機関でそれぞれ外貨預金がありますが、
足利銀行にも外貨預金があります。

取り扱っている通貨は米ドル、ユーロ、オーストラリアドル、
ニュージーランドドルとなっています。

預入金額は、外貨定期預金の場合は100通貨単位以上、
外貨普通預金の場合は1通貨単価以上となっています。

預入期間は外貨定期預金の場合1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、1年で、
外貨普通預金は随時引き出しが可能となっています。

足利銀行では外貨定期預金の満期時の取り扱いに関して、
自動継続をする場合には元利継続型と元金継続型があり、
それらを「ケイゾー君」という商品名で扱っています。

自動継続にしておけば満期時の面倒な書き換え手続きを
しなくてよいというメリットがります。

足利銀行での外気預金に関する手数料は、
1米ドル当たり預入が2円、引き出しも2円、
1ユーロ当たり預入が2円50銭、引き出しも2円50銭
1オーストラリアドル当たり預入が7円、引き出しも7円

ニュージーランドドルの場合預入は8円ですが引き出しは
取り扱いがありません。


posted by 賢い預金で暮らし上手 at | 外貨預金とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


金融機関の信頼
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。