外貨預金の払い戻し


銀行などに預金をする際、多くの方は金利の高さというのが
比較の際の大きなポイントになると思いますが、

外貨預金の場合であれば円での普通預金や定期預金よりも
高い金利で預けることが可能となります。

外貨預金ならば仮に預けた時から為替レートの変動がなければ
大きな金利の分円での預金より得になりますし、
預けた時より円安になった場合は金利を考慮しなくても
払い戻しをした時に大きな利益となります。

しかし逆に考えると預入時より円高になってしまった場合には
その分は損することになり、元金割れという可能性もあるので、
リスクのある預金方法ということになりますね。

また、よく注意したいのが金利が高く円安になったという場合でも
それだけまるまる得をするとは限らないということ、
外貨預金には預け入れの際にも払い戻しの際にも手数料が
必要となります。

手数料は一定ではなく取引をする金額によって増えるので、
大きな金額を扱えばそれだけ手数料も大きな金額に
なるということです。

為替レートの変動に対応するため何度も預け入れや
払い戻しを繰り返していると、大した利益が出ずに手数料だけ
かさんでしまうなんていうこともありがちです。

銀行選びには金利も重要ですが、手数料にも注意して比較しましょう。

posted by 賢い預金で暮らし上手 at | 外貨預金とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


金融機関の信頼
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。