財形貯蓄のメリットとデメリット


お金を貯める方法の一つである財形貯蓄。

毎月給料から自動的に積立されるということで、
貯蓄と消費のバランスをとりつつ確実にコツコツと
貯蓄をすることができます。

しかしそんな財形貯蓄にもいくつかのメリットと
デメリットがあります。

まず財形貯蓄というのはサラリーマンを優遇するために
国が作った制度であり、様々な優遇があります。

銀行の定期預金などと同様に元本が減るという心配がなく、
しかも定期預金よりも有利な利率になっています。

また、財形住宅貯蓄と財形年金貯蓄の合計で550万円まで
利子が非課税になるのが大きなメリットです。

通常の金融機関の定期預金などは利息に20%の税金がかかるのですが、
それが非課税になるというのは大きな優遇ですね。

逆にデメリットとなるのは目的外の払い出しの場合だと
メリットである非課税ではなくなってしまうということです。

ただしこの措置は5年前分までしかさかのぼって課税されないので、
5年を越えて財形貯蓄をしている場合であればそれだけ
お得ということですね。

また途中解約をする場合に手数料が必要だったりという
場合もありますが、それは定期預金でも同様です。

デメリットもありますがメリットの方が大きいですね。




posted by 賢い預金で暮らし上手 at | 財形貯蓄について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


金融機関の信頼
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。