財形貯蓄の非課税など目的による金額


金融機関の定期預金などよりも確実かつ有利に
お金を貯める方法というと財形貯蓄です。

会社など事業主を通して給料から天引きして
積み立てるというもので、一般的な定期預金よりも
利率が良いということでサラリーマンの
強い見方となっています。

財形貯蓄には一般財形貯蓄、財形年金貯蓄、
の3種類がありますが、
企業によっては3種類全ては取り扱っていないという
場合もあります。

それぞれの財形貯蓄には積立金額や貯蓄の用途が異なります。

もっとも使い勝手が良いのが一般財形貯蓄です。
一般財形貯蓄は貯蓄目的は自由で、積立金額にも制限がありません。

積立期間は3年以上で、積立開始から1年以上が経過すれば
いつでも引き出しをすることも可能です。

ただしその分他のタイプと違い税金面での優遇措置はありません。

財形年金貯蓄は老後の資金作りを目的としており、
60歳以降に年金として受け取ることができます。

財形住宅貯蓄は住宅の購入や新築、増改築資金のための
貯蓄となっています。

この年金貯蓄と住宅貯蓄を合わせて550万円までが
非課税扱いとなっており、この金額を越えると課税されます。

またこの2つは契約締結時に55歳未満であることが条件で
積立期間も5年以上と長くなっています。


posted by 賢い預金で暮らし上手 at | 財形貯蓄について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


金融機関の信頼
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。