財形貯蓄の始め方


サラリーマンの財産作りに大変有利なのが財形貯蓄です。

今はなにかと厳しい時代ですから、無駄使いをせずに
貯蓄したいという方も多いと思います。

しかし毎月入ってくる給料をついつい使いきってしまう
という方も中にはいるようで、そういう方にも毎月給料から
天引きされる財形貯蓄というのはオススメですね。

財形貯蓄の始め方がわからないという方も多いかもしれません。

基本的に会社がこの制度を導入していなければ利用できませんが、
そういう制度を導入している会社であれば始め方は特に
難しいものではありません。

財形貯蓄には大きくわけて3種類あり、どの貯蓄方法を
利用するか選びます。

一般的な貯蓄が目的の「一般財形貯蓄」、老後の資金が目的の
「財形年金貯蓄」、住宅取得のための「財形住宅貯蓄」等があります。

それぞれの目的に応じた貯蓄方法を選ぶのが良いですが、
初めての方であれば一般財形貯蓄が始め方もわかりやすく
利用しやすいかと思います。

他の2つと比べて加入年齢に制限はなく、資金の使用目的も
自由となっています。

積立期間は3年以上ですが、積立開始から1年以上が経過すれば
払い出しが可能となります。

また、複数の金融機関と同時に契約することも可能となっています。


posted by 賢い預金で暮らし上手 at | 財形貯蓄について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


金融機関の信頼
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。