普通預金の質権設定


金融機関からの融資には担保が必要となります。

銀行など金融機関からの融資には預金口座が質権設定
というものがされることも多いです。

質権設定というのは融資を受けた企業などの定期預金を
質権設定することで担保とするもので、仮に融資の返済が
できなくなった場合には定期預金が担保として返済に
あてられます。

また、担保とされている定期預金は融資の返済をしないかぎり
解約することはできず、会社の運転資金として使いたくても
担保を外されず解約することができないということです。

最近は普通預金に対して質権設定される場合も増えているようです。

定期預金であれば残高は変動せず担保としての意味があるのは
わかりますが、普通預金のようにいつでも引出しが可能で
残高が変動するものに対して担保の価値があるのでしょうか。

融資の返済ができなくなるという前にその普通預金の口座から
引き出して可能な限り返済をするでしょうから、
いざ返済できなくなったという際には残高は0円になっているのが
普通のはずです。

普通預金口座のように残高が変動するものの担保化については
質権設定の効力があるのか、昔から議論されているそうですが、
最近の判例の傾向からは肯定される方向にあるとのことです。


posted by 賢い預金で暮らし上手 at | 普通預金について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


金融機関の信頼
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。