東京スター銀行での定期預金は?


定期預金は利息が優遇されるため、普通預金よりも
人気があります。

特に東京スター銀行の定期預金は他の銀行よりも
人気が高いと言われています。

その理由が定期預金に終わらず、それを資金に
運用をすることが出来るからです。

定期預金もいずれは満期を迎えてしまいます。
満期になった時の運用方法が決まっていれば問題はありませんが、
満期になっても使い道がないこともあるのです。

そこで東京スター銀行では満期を迎える定期預金を元に
更に資金を増やすための商品を販売しています。

例えば外国為替レート参照型定期預金です。
この商品は半年満期になっていて、円の金利よりも優遇されるので
効率的に資金を増やしていくことが出来ます。

また半年という短いサイクルになっているので長期ではなく、
短期での資金運用に向いています。

その他にも東京スターには右肩上がり円定期という
面白いネーミングの商品があります。

こちらは3年、6年、10年の3種類から満期を選ぶことができ、
その中で2段階で金利が上がる仕組みになっています。

通常定期預金では満期が来れば現時点での利率が適用されますが、
満期が来る前に利息が上がるのでお得な気分になれます。

東京スター銀行は外貨預金に力を入れているので、
外貨に興味のある方も是非見てみて下さい。




posted by 賢い預金で暮らし上手 at | 定期預金について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中央三井信託銀行の定期預金は?


定期預金は中央三井信託銀行においても人気の高い
商品となっています。

金利の低い時代だからこそ定期預金で少しでも
増やしていった方が良いと思います。

そんな中央三井信託銀行でお勧めの定期預金商品が
退職金限定の商品です。

退職金などでまとまった資金があるのであれば
運用しない手はないと言えます。

キャンペーンで販売された商品なので、現在は
行われていないかも知れませんが、この時に預入した方は
かなり優遇措置が取られています。

まず金利についてですが、1年未満の場合には0.5%、
3年であれば0.55%、6年であればなんと
0.6%もの金利がつきます。

500万円以上の利用に限るという条件付きではありますが、
退職金を定期預金に預入したいと考えていた方にとっては
かなりお得だと言えます。

中央三井信託銀行ではこの他にもスーパー定期、大口定期、
外貨定期預金などの商品を揃えています。

更にリズム、スパートという商品もあります。

リズムは変動金利型の定期預金です。
6ヶ月ごとに金利が見直されるので金利が上昇している時には
かなりの優遇となります。

反対にリスクも大きいのでその点はしっかりと
考えておかなければなりません。

スパートは長期的に変動していく金利に対応した商品となっているので、
自分に合った定期預金を見つけると良いかも知れません。


posted by 賢い預金で暮らし上手 at | 定期預金について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

静岡銀行での定期預金は?


定期預金は静岡銀行の商品も人気があります。

低金利と言われる時代でも人気のある定期預金ですが、
他の銀行との違いについて見てみようと思います。

静岡銀行ではインターネット支店を設けています。

インターネット支店限定で販売されている定期預金は
特に注目されているのです。

それがスーパー定期になります。
専用金利なので店舗で契約するよりも高い利率設定に
なっています。
また、インターネットで契約できるという手軽さも
人気の秘密のようです。

預入金額については1万円から行えますし、満期設定も
1ヶ月から10年と幅広く取っています。

定期預金ですが、いつでも好きな額を引き出すことができるのです。
引き出しについては静岡銀行のATMを始め、セブン銀行のATMでも
出来るので全国どこにいても良いのです。

更に24時間引き出し可能で、手数料も無料なので大変お得です。

プレミアム金利キャンペーンなども行われていて、1年の預入期間で
年利0.7%と高金利になっています。

まとまった現金を持っているのであれば少しでも金利をつけて
増やした方がお得だと言えます。

銀行にはペイオフ制度があり、もちろん静岡銀行でも適用されているので
1000万円までであれば安心して預けてよいと思います。

posted by 賢い預金で暮らし上手 at | 定期預金について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

定期預金の残高証明の出し方


会社であれば決算時期に、個人であれば確定申告などに
必要なので定期預金の残高証明を発行する場合があります。

残高証明とは定期預金が現在どれだけの額があるか
ということを証明する証書になります。

第三者証明としての意味があるので、非常に効果的な
要素を持っているのです。

例えば住宅ローンを借りる際に大きな額を借りようと思えば
定期預金があるということで信頼を得ることが出来ます。

会社の場合、残高証明は決算に必ず必要な書類になります。

これがないと税務署の監査が入った時に
引っかかってしまうからです。

定期預金が複数の銀行にある場合はその全てで
残高証明を取り寄せる必要があります。

発行手数料については銀行によって異なりますが、
大体300円から500円となっています。

書類によっては郵送しなければならない場合もあるので
なるべく早めに取り寄せるようにしましょう。

また、企業によっては残高証明を
必要とされないこともあります。

上場企業であれば必ず必要となりますが、中小企業であれば
定期預金の通帳を見せればOKな場合もあります。

ただし、証書式の定期預金については残高証明が必ず
必要となるので注意しておきましょう。

残高証明について詳しく知りたい場合は預金している銀行に
問い合わせると教えてもらえるので、
困ったことがあれば聞いてみましょう。

posted by 賢い預金で暮らし上手 at | 定期預金について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

定期預金の元加方式について


定期預金でも元加方式が取られることもあります。

元加というのは発生した利息を残高に組み入れる
という方式になります。

つまり現在までに発生した利息を預け入れ時の利息に
加えるという定期預金なのです。

元加方式の定期預金は他の利率計算方法に加えると
お得になる計算になります。

元加の期間については各金融機関によっても異なるので
定期預金を組む前に問い合わせを行っておきましょう。

元加の方式によっては預け入れ期日を考えて行った方が
更に優遇されることもあるのです。

定期預金の自動継続の場合には元加が行われることが
多くなっています。

自動継続ではその時点での利率が適用されますが、
それまでの利率に加えることになるからです。

例えば1年の満期で定期預金を組んでいれば1年前の利率が
継続時に適用されるのではなく、現時点での利率が
適用されるということです。

利率の計算については各金融機関の窓口の電光掲示板を見るか、
インターネットバンキング等でも確認が出来るようになっています。

自分で計算するのが難しい、よく分からないという場合には電話や
ネットで問い合わせを行ってみると良いでしょう。

定期預金は長く預ければ預けるほど優遇措置が取られます。
出来れば継続という形で続けていって欲しいと思います。


posted by 賢い預金で暮らし上手 at | 定期預金について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

定期預金のペイオフって何?


金融機関には必ずペイオフという制度があります。

ペイオフというのは預金保険制度といい、
万が一金融機関が破綻した時のために預金者を
保護する目的で作られた制度です。

定期預金にももちろんペイオフは適用されるのですが、
ペイオフが適用されない預金についても
知っておかなければなりません。

ペイオフで保護されるのは1000万円まで、
更に普通預金が優先とされます。

例えば一つの銀行に1500万円の預け入れがあった場合、
普通預金が900万円、定期預金が600万円なら
定期預金については100万円しか保証されないのです。

以上の点から考えると一つの銀行にまとまった資金を
預け入れしない方が良いと言えます。
なるべく複数の銀行に分けて預金を行った方が良いでしょう。

その際の金融機関もペイオフの対象となるものに
しなくてはなりません。

ですが、現在日本国内に存在する金融機関については
全て対象になるので安心してよいと思います。

地方銀行を始め、店舗のないネット銀行やゆうちょについても
保証対象となります。

定期預金は利息の観点から預け入れする方も多いのですが、
最近は金融機関破綻という問題が発生しています。

1000万円以上にならないように気をつけながら
預け入れを行いましょう。


posted by 賢い預金で暮らし上手 at | 定期預金について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

定期預金に宝くじ付きがあるって本当?


定期預金の商品には色々なタイプがありますが、
最近人気があるのが宝くじ付きの商品です。

金利で優遇される上に宝くじが付いてくるので
億万長者になることも夢ではなくなります。

例えばスルガ銀行が販売しているジャンボ宝くじ付き
定期預金があります。

こちらはジャンボ宝くじが付いてきます。
高額当選が魅力の宝くじなので自分で
購入しても良いくらいです。

定期預金の預入金額に応じて宝くじの枚数も変わってくるので
出来るだけ多くの額を預入すると良いでしょう。

100万円なら5枚、300万円なら10枚となっています。

また、宝くじ付きの定期預金は現在たくさんの
商品が販売されています。

選ぶ条件としては高金利のところが良いですが、高金利のところも
たくさんあるのでやはり安全性で選ぶと良いでしょう。

今の時代は大手の金融機関でも破綻する時代になっています。
破綻してもペイオフ制度が適用されますが、
それも1000万円までなので注意が必要です。

都市銀行も良いですが、地方銀行で地元でも
有名な金融機関にすればまず安心できると思います。

今流行りのネット銀行などは店舗もないので不安要素がありますし、
出来れば選ばない方が良いと言えるでしょう。

キャンペーン金利などに惑わされず、長期的な要素を踏まえて
検討してみて下さい。


posted by 賢い預金で暮らし上手 at | 定期預金について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

横浜銀行での定期預金ってどうなの?


定期預金は利息の観点から利用する方が多いと思います。
今回は横浜銀行における定期預金商品を紹介します。

横浜銀行では定期預金と積立定期預金の2種類を用意して
更にその中で8つの商品に分かれています。

定期預金にはスーパー定期、1ヶ月据置型定期預金、大口定期、
期日指定定期預金、利息分割定期、変動金利定期預金の
6つがあります。

積立定期預金には積立型自由期間とスーパーステップの
2つになります。

この中でも自由期間という商品が横浜銀行内でも
推されている商品です。

1ヶ月据置型の定期預金では1ヶ月経過すればいつでも好きな時に
好きな額を引き出すことが出来ます。

まとまった資金が必要になった時などに借り入れ
しなくて済むので便利です。

利率はもちろん長く預けるほど多くなるので出来れば
引き出しをせずに預け入れしたいものです。

積立型定期預金の自由期間は長く預ければ預けるほど
金利優遇が受けられます。

11段階にも分けられています。

1ヶ月経過すればいつでも好きな時に引き出せますが、
出来れば長い期間預けて定期預金の利点を
活用したいものです。

横浜銀行ではまとまった金額を上手く活用したい方に
お得な商品が揃っています。

色々な銀行がありますが、やはり都市銀行、地方銀行などの
大手を利用した方が良いと思います。
posted by 賢い預金で暮らし上手 at | 定期預金について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


金融機関の信頼
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。