三菱東京UFJ銀行の外貨預金のレート


資産運用の方法としてはいくつかありますが、
国内の普通預金や定期預金よりも高い金利を得られる
ということで人気なのが外貨預金です。

外貨預金というのは円での普通預金や定期預金とは異なり、
円から外貨へする時、あるいは外貨から円にする時に
銀行への手数料が必要となります。

そのため為替レートが全く変動しない場合でも預け入れをして
引き出す際の手数料によって、元金割れをしてしまう
可能性があります。

手数料は銀行ごとに違いますし、外貨預金のレート
というのも随時変動します。

例えば三菱東京UFJ銀行の場合だと、
東京三菱UFJ銀行のサイトで随時更新されたレートが
掲載されており確認することができます。

ただし実際に取引をする際にはその時の窓口やネットバンキングの
取引画面でのレートになります。

また、東京三菱UFJ銀行の場合は預け入れ、引き出しの取引時に
手数料を含んだ銀行所定のTTSレート・TTBレートが適用されます。

東京三菱UFJ銀行のサイトでは外貨預金のシ
ミュレーションをすることができます。

初めて外貨での預金を考えている方はまずこの
シミュレーションを試してみて、実際にどのような結果になるかを
勉強し、マネープランをたてましょう。


posted by 賢い預金で暮らし上手 at | 外貨預金とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外貨預金の払い戻し


銀行などに預金をする際、多くの方は金利の高さというのが
比較の際の大きなポイントになると思いますが、

外貨預金の場合であれば円での普通預金や定期預金よりも
高い金利で預けることが可能となります。

外貨預金ならば仮に預けた時から為替レートの変動がなければ
大きな金利の分円での預金より得になりますし、
預けた時より円安になった場合は金利を考慮しなくても
払い戻しをした時に大きな利益となります。

しかし逆に考えると預入時より円高になってしまった場合には
その分は損することになり、元金割れという可能性もあるので、
リスクのある預金方法ということになりますね。

また、よく注意したいのが金利が高く円安になったという場合でも
それだけまるまる得をするとは限らないということ、
外貨預金には預け入れの際にも払い戻しの際にも手数料が
必要となります。

手数料は一定ではなく取引をする金額によって増えるので、
大きな金額を扱えばそれだけ手数料も大きな金額に
なるということです。

為替レートの変動に対応するため何度も預け入れや
払い戻しを繰り返していると、大した利益が出ずに手数料だけ
かさんでしまうなんていうこともありがちです。

銀行選びには金利も重要ですが、手数料にも注意して比較しましょう。

posted by 賢い預金で暮らし上手 at | 外貨預金とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

足利銀行の外貨預金


資産運用の方法の一つとして、円以外の通貨で預金をすることで、
円での預金よりも高い金利で運用することができる
外貨預金という方法があります。

各金融機関でそれぞれ外貨預金がありますが、
足利銀行にも外貨預金があります。

取り扱っている通貨は米ドル、ユーロ、オーストラリアドル、
ニュージーランドドルとなっています。

預入金額は、外貨定期預金の場合は100通貨単位以上、
外貨普通預金の場合は1通貨単価以上となっています。

預入期間は外貨定期預金の場合1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、1年で、
外貨普通預金は随時引き出しが可能となっています。

足利銀行では外貨定期預金の満期時の取り扱いに関して、
自動継続をする場合には元利継続型と元金継続型があり、
それらを「ケイゾー君」という商品名で扱っています。

自動継続にしておけば満期時の面倒な書き換え手続きを
しなくてよいというメリットがります。

足利銀行での外気預金に関する手数料は、
1米ドル当たり預入が2円、引き出しも2円、
1ユーロ当たり預入が2円50銭、引き出しも2円50銭
1オーストラリアドル当たり預入が7円、引き出しも7円

ニュージーランドドルの場合預入は8円ですが引き出しは
取り扱いがありません。


posted by 賢い預金で暮らし上手 at | 外貨預金とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外貨預金の指値取引とは


外貨預金における指値での取引というのをご存知でしょうか?

指値というのは株の取引では一般的な方法で、
例えばある株を買いたいという時に、自分が買いたい価格を
指定しておくことで、価格が変動してその指定した
価格になった時に自動的に取引が行われるというものです。

この方法であれば時間がない方でも予め指定しておくだけで
希望の価格で取引ができますし、
一日中張り付いて価格をチェックする必要もありません。

外貨預金における指値取引というのは最近までは
ありませんでしたが、今は様々な銀行で導入されています。

外貨預金の場合、指値取引をするためには
手数料がかかる場合があります。

また有効期限があり、それまでに取引がないと自動的に
キャンセルになる場合もあります。

これらは銀行によってことなるので必ず確認しておきましょう。

外貨預金を指値で取引する場合のメリットは上記の株の場合と
同じですが、逆にデメリットも存在するので注意しましょう。

例えば指定した価格に到達しなければいつまでたっても
取引ができないという点、また、大幅に円高や円安が
進んだとしても、指定をしてしまっているので、
その価格で取引をしなければいけないということです。

ずっと張り付く必要がないというメリットはありますが、
チェックできる時にはチェックした方が良いですね。


posted by 賢い預金で暮らし上手 at | 外貨預金とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外貨預金の元利継続


銀行の預金の方法にはいくつかの種類がありますよね。

通常の普通預金や定期預金の他にも外国の貨幣で
預金をすることで、円での預金と比べて大きな金利を
得ることができる外貨預金というものもあります。

外貨預金が満期になった時の取り扱い方法に関して、
自動解約、元利継続、元金継続などといった方法がありますが、
それぞれどういった意味なのでしょうか。

まず、自動解約というのは満期になったら自動的に
定期預金が終了するというもので、
元金と利息は普通預金に振替えられます。

元利継続というのは満期になった際に元々預入していた元金に、
それまでについた利息を合わせた額を再度定期に預け入れる
というもので、元利継続となります。

元金継続の場合は満期になった際には元金を再度定期預金として、
利息としてついた分だけが普通口座などに
振り返られるということですね。

継続するからといって何か特別にメリットがあるという
わけではありません。

自動解約にしていてもまた定期預金を利用したければ
再度申し込めばいいだけです。

面倒な手続きが必要ないというのが自動継続のメリットと
言えるでしょうか。

これらの方法は外貨預金に限らず国内の定期預金でも同じです。
ただ外貨預金はそれなりに難しい面もありますから
慎重に考えたいですね。

posted by 賢い預金で暮らし上手 at | 外貨預金とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

住信SBIネット銀行の外貨預金引き出し


資産運用の方法の一つとして国内の預金よりも金利が高い
ということで人気なのが外貨預金です。

いろんな金融機関の中でも人気があるのが住信SBIネット銀行です。

住信SBIネット銀行の外貨預金は取扱通貨の数がとても
豊富であることと、片道20銭という手数料の安さが
人気となっています。

ネット銀行ということなのでインターネットから24時間
リアルタイムの為替レートで取引ができるというのも
大きな魅力ですね。

人気の住信SBIネット銀行の外貨預金ですが、例えば
引き出しに関してはどうなっているでしょうか。

例えば海外旅行などをする際に預金している国の外貨で
直接現金を引き出しができるかどうか、
あるいは入金ができるかどうかということですが、
外貨の現金での入出金はできません。

また、トラベラーズチェックによる出金もできません。

ですので外貨が必要となる場合は一旦円で引き出した上で
両替するしかありません。

当然、円への交換に関して手数料が必要となります。

また、海外のATMから外貨預金を引き出しすることもできません。
海外へ行く前に資金は引き出しておく必要がありますね。

住信SBIネット銀行に限らず基本的にほとんどの銀行では
外貨預金から外貨で引き出すということはできないですね。


posted by 賢い預金で暮らし上手 at | 外貨預金とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外貨預金はぼったくり?


銀行での預金方法の一つに外貨預金というものがあります。

海外のお金で預金することができ通常の普通預金と比較すると
金利が非常に高いのが特徴で、
資産運用の一つの方法として人気があります。

しかしこの外貨預金はぼったくりだ、という人もいます。
どのあたりがぼったくりなのかというと、
まずはその手数料の高さですね。

外貨預金を勧める銀行員が「手数料は1円から」
などと説明することがあります。

確かに1円からなのかもしれませんが、実際は
1ドルにつき1円であり、仮に1ドルが100円だとすれば
1万円の取引で手数料が100円、100万円の取引なら
1万円の手数料が必要となります。

実に1%という手数料で、現在は円高なのでさらに割合は
高いということになりますね。

確かにこれではかなりの高額な手数料とも言えます。

さらにぼったくりだと言うもう一つの理由が金利についてです。
国内の普通預金と比較すると外貨預金は確かに高金利なのですが、
実際はもっと高くあるべきだというのです。

例えばある国の政策金利と銀行のその国の外貨預金とを比較すると
1%程度低くなっていることがあります。

つまりその差の分を銀行がとっているということですね。
それだけ外貨預金は銀行が儲かる仕組みに
なっているということのようです。




posted by 賢い預金で暮らし上手 at | 外貨預金とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジャパンネット銀行の外貨預金


最近は銀行の形というものも少しづつ変わってきて
インターネットのみで取引を行うネット銀行も
多くなっています。

中でもネット銀行のパイオニア的な存在なのが
ジャパンネット銀行ですよね。

預金口座を持って利用されている方も多いと思いますが、
実はこのジャパンネット銀行には外貨預金
というものがありません。

外貨預金をどこの銀行にしようかと比較した際には
ジャパンネット銀行は比較対象にならないのですが、
実はジャパンネット銀行には外貨預金と同等のリスクである
JNB-FX PLUS初級タイプというものがあります。

これはいわゆるFXで、外国為替を取引するというものです。

一般的なFXはレバレッジというものがあり資金の
数倍の取引が可能となりますが、
このJNB-FX PLUS初級タイプはレバレッジが1倍のみであり、
外貨預金と同等のリスクということになるわけです。

しかも外貨預金の場合だと取引手数料が数百円
かかる場合もありますが、JNB-FX PLUSなら
取引手数料は無料となっています。

しかし注意したいのはこのJNB-FX PLUS初級タイプはあくまでも
外貨預金とリスクが同等というだけであり、
預金ではないので預金保険の対象とはならない、ということです。


posted by 賢い預金で暮らし上手 at | 外貨預金とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外貨普通預金の引き出しについて


日本国内で一般的にお金を金融機関に預けるには
「普通預金」と「定期預金」がありますよね。

同様に外貨預金の場合も「外貨普通預金」と「外貨定期預金」
というものがあります。

国内の預金と比較して高い金利で預けることが可能ということで
人気が高まっています。

非常に金利が高いのなら、みんな外貨預金にすれば良いじゃないか
と考えるかもしれませんが、円高になった場合、円に交換する際の
レートが変わっており、損することもあるということです。

また、交換の際には手数料も必要となりますね。

外貨普通預金というものも基本的に国内の普通預金と同様です。
預けているお金はいつでも自由に引き出しができますし、
預入期間も自由です。

外貨定期預金に関しても期間が定められた定期預金であり、
中途解約が原則できないので引き出しも自由に行えません。

為替レートの変動などにも対応できないので
リスクが高いと言えます。

外貨預金を始めようというのであればまずは外貨普通預金から
始めるのが良いでしょう。

預け入れる金額もできれば小額にして、初めは外貨預金が
どういったものなのかを知るべきですね。

外貨普通預金なら最低金額が1,000円からという場合もありますし、
いざという時にはすぐ引き出しができるのでリスクは小さいです。


posted by 賢い預金で暮らし上手 at | 外貨預金とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外貨預金は福井銀行ではどう?


外貨預金は日本の預金商品の中でも人気のあるもので、
福井銀行でももちろん販売されています。

福井銀行では外貨普通預金と外貨定期預金の
2種類の商品が用意されています。

まず外貨普通預金ですが、20歳以上の方であれば誰でも
利用できるようになっています。

福井銀行ではアメリカドルを始め、ユーロ、オーストラリアドル、
イギリスポンドなど10種類の通貨で運用できるようになっています。

日々の為替レートが適用されるので変動金利となりますが、
いつでも好きな時に引き出せるのが普通外貨預金の特徴です。

外貨定期預金はこちらも20歳以上であれば誰でも利用できるようです。

運用できる通貨はアメリカドル、ユーロ、オーストラリアドルの
3種類です。

この3種類は自動継続扱いとなるので自動継続しない場合には
オーストラリアドルを除いた2種類での運用となります。

定期預金の場合は預入期間が決められているので注意しましょう。

現在世界の経済状況がかなり変動しているのでアメリカドル、
ユーロともに先を見通す目が必要になります。

外貨預金は余裕資金を運用する手段として用いる方が多いと
思いますが、ある程度知識を得た上で行った方が良いと思います。

資金運用する時期もですが円に払い戻しする時期も重要となります。


posted by 賢い預金で暮らし上手 at | 外貨預金とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


金融機関の信頼
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。