外貨預金は埼玉りそな銀行ではどうなの?


外貨預金を始めるなら埼玉りそな銀行の
商品がお勧めです。
運用額に応じて多彩なラインナップで提供しています。

例えば手軽に始めるなら外貨普通預金がお勧めです。
いつでも好きな時に引き出しができるので
初心者にも安心して始められます。

普通外貨預金の中にも外貨の達人と呼ばれる
アメリカドル建の外貨預金、ユーロやイギリスポンドなど
アメリカドル以外の通貨で運用する、りそな普通外貨預金、
為替相場を確認しながら運用のできる
りそなATM外貨預金サービスなどがあります。

ある程度外貨預金という商品に慣れている方、大きな資金を
運用したい方には外貨定期預金もお勧めできます。

埼玉りそなではアイドルというアメリカドル建の商品と
アメリカドル以外の通貨で運用するりそな外貨定期預金の
2種類を用意しています。

まずは外貨普通預金で慣れてから定期預金に
移行することもできるので、
一度埼玉りそなに相談してみると良いかも知れません。

現在日本で販売されている普通預金や定期預金は
決して良い利回りとは言えません。

日本よりもよい利回りで展開している国もたくさんあるので
それを見つけるのにも外貨預金は役立つと思います。

埼玉りそなはラインナップが豊富なので始めやすいですし、
失敗も少ないと言えるでしょう。





posted by 賢い預金で暮らし上手 at | 外貨預金とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外貨預金は群馬銀行ではどう?


外貨預金は群馬銀行でももちろん販売されています。

群馬銀行では外貨普通預金、オープン型外貨定期預金、
ぐんぎん為替特約付外貨定期預金の3種類を販売しているのです。

この中でもぐんぎん為替特約付外貨定期預金は
外貨預金の入門とされる商品です。

運用はあくまでも円ベースになっていて、一定の範囲内でのみ
外貨預金で運用されます。
為替のリスクを軽減できるので初心者にはお勧めの商品だと言えます。

ただし、この商品は群馬銀行の募集型の商品となっています。
常に販売されている訳ではないので、募集の時期や人数についても
群馬銀行に問い合わせておくと良いでしょう。

外貨預金には興味があるけれど初心者なので運用の仕方が分からない、
損をするのは少し怖いといった方にはお勧めできます。

また余裕資金を安定した利回りで運用したいという方にもお勧めなので
退職金を手にした方にも人気のある商品になっています。

この商品のポイントは満期時に円に換算する時の特約になります。

円への換算はその時の為替レートが適用されますが、
あらかじめ設定してある水準に達成していない時には特約レートが
適用されるので安心できるのです。

興味のある方は群馬銀行のホームページか窓口にて
問い合わせてみると良いでしょう。


posted by 賢い預金で暮らし上手 at | 外貨預金とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外貨預金カナダドルではどう?


外貨預金はもちろんカナダドルでも行うことが出来ます。

しかしあまりメジャーではないのでカナダドル運用時の
注意点や方法について見ていきたいと思います。

カナダドルはアメリカドルなどに比べると
あまり知られていない方だと思います。

しかしカナダという国は政治的にも経済的にも非常に安定していて、
外貨預金なら安定した資金運用が出来ると言えるのです。
ですので、初心者の外貨預金商品としても大変お勧めできます。

ですが、カナダの輸出のほとんどをアメリカが占めているため、
アメリカの経済状況に左右されやすいというデメリットももっています。

アメリカの動向にも注意しながらカナダドルを運用して
いかなければならないのです。

普通どこの銀行でも運用レートは0.1% ほどとなっています。
しかし、ソニー銀行や住信SBI銀行などのネット銀行は
高い運用利率を適用しているのです。

外貨預金を考える時にはその点も参考にしてみると良いでしょう。

外貨預金に限らず預金利率は店舗のある金融機関よりも
ネット銀行の方が確かに有利だと言えます。

これは人件費などがかからないというメリットがあるからです。
外貨預金商品を選ぶ際には参考にしてみて下さい。


posted by 賢い預金で暮らし上手 at | 外貨預金とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外貨預金の両替とは?


外貨預金を利用すれば海外の通貨をお得に
両替することが出来ます。

まず外貨預金の基礎についてですが、これは資金運用の方法として
用いられることが多いと思います。

退職金という余裕資金を円ではなく例えばドルなどで預入し、
老後の資金を少しでも増やそうと思う方も多くいます。

外貨預金は為替レートによって変動する為替手数料で
収益を得るための方法なのです。

また、金融機関によっては外貨のままで引き出せるという
メリットがあります。

旅行好きの方であれば海外の銀行でそのまま引き出せるので
海外で余った現金をそのまま預金、次の旅行の時には利息がついて
少し増えた現金をまた引き出せるといったことが出来ます。

外貨のまま預入、引き出しができるというのは両替手数料が
かからないということになるので、手数料をそのまま利益に出来ます。

外貨の両替は郵便局や金融機関または空港等で行うことが出来ます。

しかしその際には必ず2円以上の手数料が発生しているのです。
例えば2円の両替手数料なら10万円両替すれば片道で
2000円も取られることになります。

一度だけならあまり重たく感じられないかも知れませんが
現金が足りなくなれば何度も行わなければなりません。

外貨預金を始めておけばこの分を節約でき、お土産代などに
回すことが出来るのでお得です。


posted by 賢い預金で暮らし上手 at | 外貨預金とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外貨預金に相続税はかかる?


外貨預金を利用するメリットの一つに相続税などの
税金面でのメリットがあります。

世界にはタックスヘイブンという地域が存在します。

この地域では税金がかからない、または
非常に税金が安いということになっています。

その国の通貨にて資金を運用すれば収益を得たとしても
税金が発生しないのです。

大富豪の中にはあえてタックスヘイブンの地域での
資産運用をしている方がたくさんいます。

ですが、基本的に外貨預金で収益を得た場合、
日本において申告をしなければなりません。

その際には税金が発生してしまうのですが、
これを無料化するテクニックがあります。

それが相続税です。
相続税の制度は国によって違いがあり、
例えば香港で説明します。

香港の場合、生前贈与では相続税が適用されません。
つまり、相続人、相続を受ける人、双方が生前に香港に
移住しているという証拠があれば資産を全て
生前贈与という形で移してしまえば良いのです。

これは外貨預金を香港ドルで行えば良いという結果になります。

海外口座にはこの他にもメリットがたくさんあります。

現在、日本での金利は著しく低くなっているので外貨預金を利用して
資産を上手に活用していければと思います。

素人ではなかなか難しい面もあるのでファイナンシャルプランナー
などのプロに任せるのも一つの方法だと言えます。


posted by 賢い預金で暮らし上手 at | 外貨預金とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みずほ銀行の外貨預金のレートについて


みずほ銀行を始め、外貨預金が人気を集めています。
それは日本の預金商品の金利があまりにも
低いためだと言えます。

ここではみずほ銀行の外貨預金のレートについて
見ていきたいとと思います。

みずほ銀行の外貨預金が人気なのはその内容が
シンプルなためだと思います。

外貨預金を始める時には為替レートなどに
詳しくなければならないと思っている方も多いです。

しかし、みずほ銀行なら運用に全く詳しくない素人の方でも
簡単に始めることができる仕組みになっているのです。

また、外貨預金は安全性が第一だと言われます。
その点においてもみずほ銀行はリスクが少なくて済むのです。

外貨預金のレートは6ヶ月ほどの定期になっていて、
米ドルで0.85%、英ポンドで2.5%、
ユーロで2.8%となっています。

このレートを見る限りではユーロでの運用が一番
有効的なのではないかと思います。

みずほ銀行以外にもほとんどの金融機関で
外貨資金が適用されています。

外貨預金は金利変動によって得をすることもあれば
大きな損となることもあるので注意が必要です。

預入した後も気を抜かずに常にレートの動向を
確認していくようにしましょう。

そうすればみずほ銀行以外でも運用ができるようになるのです。



posted by 賢い預金で暮らし上手 at | 外貨預金とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外貨預金をブルガリアにするには?


最近日本で人気の外貨預金ですが、ブルガリアに
投資しようとする方も増えてきています。

一般的な外貨預金商品だと米ドルや英ポンド、
ユーロなどから始める方が多いようです。

しかし、ブルガリアは2005年度以降経済成長が伸び続けていて、
今後の成長が更に期待されている国なのです。

早くからブルガリアに注目していた方は外貨預金で
かなり利益を出しているという話もあります。

初心者の場合、有名な国やメディアでもたびたび登場する国に
投資してしまいがちですが、ブルガリアなどの
マイナーな国にも注目してみると良いでしょう。

現在、日本人が投資する国として人気が高いのが
インドや中国などのアジアです。

アジアの経済成長が著しいためですが、1人当たりのGDPに
換算して考えるとブルガリアも決して劣ってはいないのです。

また、将来的にユーロ圏への加入が期待できるので、
更なる成長が望めると言えます。

ブルガリアではまだまだ成長途中のため、高級マンションが
1000万円以下で購入できるなどの安価な経済状況になっていますが、
今後ユーロへの加入を見越して伸びる可能性は十分に持っています。

早期段階から外貨預金という形で手を伸ばしておくのも
一つの方法ではないかと思います。

posted by 賢い預金で暮らし上手 at | 外貨預金とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外貨預金の為替差益って何?


外貨預金を行う上で絶対に知っておかなければならないのが
為替差益です。

外貨預金ではこの為替差益を目当てに運用を行っていくのです。

為替差益というのは字のごとく、運用によって得た利益になります。

運用するためには外貨預金口座を開設し、
そこに日本円で例えば10万円などを預金します。

そしてどこの国の通貨で運用していくかを決めるのです。

例えばアメリカドルであれば10万円を
アメリカドルに換算した額で運用していきます。

日本円とアメリカドルの間には為替手数料が発生するので、
その差額によって損益が発生します。

外貨預金は確定申告をする必要がありますが、
確定申告時に利益が出ていれば為替差益、
損失になっていれば為替差損となるのです。

「元本」部分の為替差益については雑所得として申告し、
差損については他の雑所得との損益通算ができるので
損として計上せずに済む可能性が高いです。

為替レートというのは常に変動しているため、
いつ日本円に換算するのかという日時も重要になります。

それが外貨預金を行う上での醍醐味とも言えるのです。

利益が出るのか損失になるのかは選ぶ外貨と
その時の経済状況によっても異なります。

先を見通す目が必要な商品だと言えるでしょう。


posted by 賢い預金で暮らし上手 at | 外貨預金とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


金融機関の信頼
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。