財形貯蓄の非課税限度額


財形貯蓄には3つの種類があります。

一番使いやすいのが一般財形貯蓄で、積立開始から
1年以上たてば引き出しができ、用途も自由、
年齢制限もないというタイプです。

この一般財形貯蓄の場合は利子に20%の
源泉分離課税があります。

しかし残りの2つ、財形年金貯蓄と財形住宅貯蓄は
年齢制限があり途中引き出しもできない代わりに、
利子が非課税になるというメリットがあります。

そういうわけで「非課税」という言葉を聞いてそれしか
頭に入っていないと後で困ることになるかもしれません。

なぜならこの積立金額には非課税限度額と
いうものがあります。

財形年金貯蓄と財形住宅貯蓄の2つの積立金額を合わせて
550万円というのが非課税限度額となります。

積立金額が非課税限度額を越えてしまうとそれ以上の利子は
課税の対象となってしまいます。

しかし非課税限度額を越えても積み立てを
続けることは可能です。

限度額を越えてもそれまで積み立て550万円についた
利子に関しては非課税のままですし、限度額を越えたから
といっても解約してしまうと5年さかのぼった分利子が
非課税ではなくなってしまいます。

非課税限度額を越えて積み立てるというのも
悪い方法ではありません。


posted by 賢い預金で暮らし上手 at | 財形貯蓄について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

財形貯蓄の通帳


給料からの天引きによって資産を蓄える財形貯蓄は、
確実で税優遇もあるということでたくさんの方に
利用されている貯蓄の方法です。

財形貯蓄を契約すると契約に応じた証書が発行されます。

財形貯蓄には一般財形貯蓄、財形住宅貯蓄、財形年金貯蓄の
3種類があり、一般財形の場合は証書が発行されない
場合もあるようです。

中にはこの証書を通帳と勘違いされている方もいるようですが、
預金ではないので発行されるのは通帳ではなく証書になります。

似たような銀行の商品である定額積立や積立式の定期預金であれば
通帳は発行されます。

以前はこういったものの通帳や証書というのは発行されたら
会社が預かっているというケースがありました。

しかし、本人が証書を預かっていないと会社がいつの間にか
紛失してしまったり、担当者がなりすましで引き出してしまうような
危険性もあるということで、最近では基本的に契約している
本人が通帳や証書を管理するということになっているようです。

それなら紛失しても自己責任ということになりますからね。
財形貯蓄を途中で引き出したり解約するためには
この証書が必要となります。

金融機関の窓口へ証書と契約した際の印鑑を持っていき
手続きしましょう。


posted by 賢い預金で暮らし上手 at | 財形貯蓄について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

財形貯蓄の始め方


サラリーマンの財産作りに大変有利なのが財形貯蓄です。

今はなにかと厳しい時代ですから、無駄使いをせずに
貯蓄したいという方も多いと思います。

しかし毎月入ってくる給料をついつい使いきってしまう
という方も中にはいるようで、そういう方にも毎月給料から
天引きされる財形貯蓄というのはオススメですね。

財形貯蓄の始め方がわからないという方も多いかもしれません。

基本的に会社がこの制度を導入していなければ利用できませんが、
そういう制度を導入している会社であれば始め方は特に
難しいものではありません。

財形貯蓄には大きくわけて3種類あり、どの貯蓄方法を
利用するか選びます。

一般的な貯蓄が目的の「一般財形貯蓄」、老後の資金が目的の
「財形年金貯蓄」、住宅取得のための「財形住宅貯蓄」等があります。

それぞれの目的に応じた貯蓄方法を選ぶのが良いですが、
初めての方であれば一般財形貯蓄が始め方もわかりやすく
利用しやすいかと思います。

他の2つと比べて加入年齢に制限はなく、資金の使用目的も
自由となっています。

積立期間は3年以上ですが、積立開始から1年以上が経過すれば
払い出しが可能となります。

また、複数の金融機関と同時に契約することも可能となっています。


posted by 賢い預金で暮らし上手 at | 財形貯蓄について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

財形貯蓄の限度額超過


財形貯蓄というのはサラリーマンにとって定期預金等よりも
非常にメリットの大きい貯蓄方法です。

定期預金と比べて利率が良いのはもちろん、
財形住宅貯蓄や財形年金貯蓄の場合には合わせて
550万円までであれば利子が非課税となります。

利率はもちろんこの非課税というのは財形貯蓄の大きな
メリットだと言えると思います。

しかしこの積立金額が限度額超過した場合はどうでしょうか。
つまり財形住宅貯蓄と財形年金貯蓄の合計金額あるいは
片方だけでも積立金額が550万円を超えた場合です。

限度額超過をするとその後に生じる利子については
課税扱いとなってしまいます。

しかしその場合でも財形貯蓄の契約は継続するので、
課税されても積み立て残高を増やすことはできます。

特に住宅を取得するという場合には自己資金をたくさん
積み立てておいた方が有利ですから、たとえ限度額超過をして
課税扱いとなったとしても残高を増やしていくというのも
悪くはないと思います。

もちろん限度額超過をしても550万円を越えるまでについた
利子については非課税ですからその分の税優遇は変わりません。

課税扱いになるのがいやだというのであれば550万円を
超えないようにすれば良いですが、

途中で解約となると5年間さかのぼって課税扱いとなってしまうので
注意しましょう。


posted by 賢い預金で暮らし上手 at | 財形貯蓄について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

財形貯蓄の非課税など目的による金額


金融機関の定期預金などよりも確実かつ有利に
お金を貯める方法というと財形貯蓄です。

会社など事業主を通して給料から天引きして
積み立てるというもので、一般的な定期預金よりも
利率が良いということでサラリーマンの
強い見方となっています。

財形貯蓄には一般財形貯蓄、財形年金貯蓄、
の3種類がありますが、
企業によっては3種類全ては取り扱っていないという
場合もあります。

それぞれの財形貯蓄には積立金額や貯蓄の用途が異なります。

もっとも使い勝手が良いのが一般財形貯蓄です。
一般財形貯蓄は貯蓄目的は自由で、積立金額にも制限がありません。

積立期間は3年以上で、積立開始から1年以上が経過すれば
いつでも引き出しをすることも可能です。

ただしその分他のタイプと違い税金面での優遇措置はありません。

財形年金貯蓄は老後の資金作りを目的としており、
60歳以降に年金として受け取ることができます。

財形住宅貯蓄は住宅の購入や新築、増改築資金のための
貯蓄となっています。

この年金貯蓄と住宅貯蓄を合わせて550万円までが
非課税扱いとなっており、この金額を越えると課税されます。

またこの2つは契約締結時に55歳未満であることが条件で
積立期間も5年以上と長くなっています。


posted by 賢い預金で暮らし上手 at | 財形貯蓄について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

郵便局の財形貯蓄


会社からの給料やボーナスから毎月天引きによって
貯蓄をするのが財形貯蓄です。

財形貯蓄はお勤めの会社を経由して金融機関に
貯蓄をするもので、会社によって取り扱っている金融機関
というのが異なります。

中には郵便局(現在のゆうちょ銀行)という選択肢もあります。

郵便局の場合は財形貯蓄という名称ではなく、財形貯金
という名称になっていますが内容は同じです。

一般財形貯蓄は『財産形成定額貯金』、財形年金貯蓄は
『財産形成年金定額貯金』、
財形住宅貯蓄は『財産形成住宅定額貯金』という名称になっています。

やはりいずれも基本的な条件などは一般の金融機関と同様の
内容になっていますね。

財形貯蓄は会社が取り扱っている利用可能な金融機関から選びますが、
それぞれの金融機関によって利率や解約条件が異なっており、
迷う方も多いでしょう。

郵便局はゆうちょ銀行となって民営化されるまでは国営のものでしたし、
国民の多くの方に利用されていました。

民営化されてからもバックに国があるというイメージは強く、
一般的な金融機関よりも安心感や信頼感があるというのは確かですよね。

そういった意味で財形貯蓄の選択肢としても郵便局を選択する方は
多いかもしれませんね。


posted by 賢い預金で暮らし上手 at | 財形貯蓄について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みずほ銀行の財形貯蓄


サラリーマンの方にとって定期預金よりもいろいろと
優遇されていて有利なのが財形貯蓄です。

定期預金よりも利率が良く、住宅財形貯蓄、年金財形貯蓄
の場合は、利子が一定額まで非課税になるというのも
大きなメリットだと思います。

会社の給料から天引きになる仕組みで金融機関やタイプを
選べることができる場合もあり、利率も異なるので
どの金融機関のどのタイプを選ぶか迷うかもしれません。

例えばみずほ銀行の場合だと一般財形貯蓄は年齢制限がなく、
複数の契約も可能、積立期間は3年以上であることが条件ですが、
積立開始1年が経てば自由に引き出したり解約することも可能です。

ただし一般財形貯蓄の場合は利子課税として20%の
源泉分離課税があります。

みずほ財形年金貯蓄の場合55歳未満の勤労者が対象で契約は
一人1契約に限られます。

積立期間は5年以上となり受け取りも5年以上になります。

年金受取の目的意外での引き出しになると5年間さかのぼって
利息の20%が課税されることとなり、解約となります。

みずほ財形住宅貯蓄も年齢契約数積立期間、引き出しの条件などは
年金貯蓄と同様の条件となっており、こちらは持家の新築・購入・
増改築の目的の場合のみ引き出しが可能となっています。


posted by 賢い預金で暮らし上手 at | 財形貯蓄について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

財形貯蓄のメリットとデメリット


お金を貯める方法の一つである財形貯蓄。

毎月給料から自動的に積立されるということで、
貯蓄と消費のバランスをとりつつ確実にコツコツと
貯蓄をすることができます。

しかしそんな財形貯蓄にもいくつかのメリットと
デメリットがあります。

まず財形貯蓄というのはサラリーマンを優遇するために
国が作った制度であり、様々な優遇があります。

銀行の定期預金などと同様に元本が減るという心配がなく、
しかも定期預金よりも有利な利率になっています。

また、財形住宅貯蓄と財形年金貯蓄の合計で550万円まで
利子が非課税になるのが大きなメリットです。

通常の金融機関の定期預金などは利息に20%の税金がかかるのですが、
それが非課税になるというのは大きな優遇ですね。

逆にデメリットとなるのは目的外の払い出しの場合だと
メリットである非課税ではなくなってしまうということです。

ただしこの措置は5年前分までしかさかのぼって課税されないので、
5年を越えて財形貯蓄をしている場合であればそれだけ
お得ということですね。

また途中解約をする場合に手数料が必要だったりという
場合もありますが、それは定期預金でも同様です。

デメリットもありますがメリットの方が大きいですね。


posted by 賢い預金で暮らし上手 at | 財形貯蓄について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

財形貯蓄給付金の制度について...


財形貯蓄を利用した給付金の制度があります。

これは財形貯蓄を推奨している事業主のための制度で、
節税対策として取り入れている企業がたくさんあります。

財形貯蓄を導入するにあたり、メリットが3つほどあります。
その中の一つに給付金制度があるのです。

導入企業では従業員1人につき、年間10万円ほどの
拠出を行っています。
財形貯蓄の契約のある社員は契約7年後からその運用益の
一部を受け取ることが出来るのです。

育児や介護のための資金として使うなど一定の条件を
満たすことが必要です。

企業の規模によって給付金の額も異なるので、財形貯蓄契約時には
問い合わせておくと良いでしょう。

財形貯蓄にはこの給付金の他にも非課税枠がある、融資制度がある
というメリットがあります。

通常預入を行えば利子が付きますが、その利子には
年間20%の税金がかかります。

しかし、住宅財形、年金財形など特定の目的がある場合の
財形に限っては非課税となっているので利子が
まるまる収益となるのです。

融資制度は一定の条件を満たせば最高で4000万円ほど
有利な利子で借りることが出来ます。

これは住宅のための融資で、教育のための融資であれば
最高450万円までとなっています。


posted by 賢い預金で暮らし上手 at | 財形貯蓄について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

財形貯蓄を比較してみました!


財形貯蓄には一般的には3種類ほどあります。
どれが一番良いのかについて比較してみた結果を紹介します。

まず、一般財形貯蓄ですが、基本的に使い道は
自由となっています。

海外旅行に使っても良いですし、結婚資金や
子供の教育資金にするなど出来ます。
またいつでも引き出し可能で途中で一部解約もできるので
万が一の備えるためにも利用した方が良いと言えます。

この使い道についての比較では住宅財形貯蓄については
住宅購入・増改築に使う、年金財形貯蓄は年金として
利用すると目的が定められています。

これ以外に使うとその商品の恩恵が受けられないのです。

住宅財形、年金財形の恩恵とは所得税の非課税になります。
一般財形は課税対象となり、利子の20%は税金として
支払わなければなりません。
この点も比較ポイントとなると思います。

その他にも住宅財形であれば一定の条件を満たせば有利な条件で
融資が受けられるといったメリットもあります。

比較ポイントとしてはやはり所得税の面と目的の面があると思うので
その辺をしっかりと検討してみて下さい。

財形貯蓄以外にも普通預金や定期預金といった貯蓄の方法はあります。

財形貯蓄が良いのは給与天引きという形で計画的に資金管理ができる
という点にあるのでそのあたりも比較ポイントだと言えるでしょう。

posted by 賢い預金で暮らし上手 at | 財形貯蓄について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


金融機関の信頼
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。