野村證券での財形貯蓄は...


財形貯蓄は銀行だけでなく、野村證券などの証券会社でも
取引されています。

野村證券では1000円単位で計画的に資金管理ができる商品が
揃っていて、マイホーム資金や子供の教育資金として
貯めることが出来ます。

財形貯蓄は給与天引きになるのでまずは企業が
野村證券と契約を結ぶ必要があります。

その条件については利用する前に確認しておく
必要があります。

野村證券では一般財形、住宅財形、年金財形の
3種類を用意しています。

その貯蓄を原資として融資する制度もあるので
利用してみるのも良いと思います。
また、更にその資金を運用できる商品も野村證券にはあります。

まず安定運用のできる公社債投信コースです。

月ごとに12本のファンドがあり、給与天引きと言う形で
この公社債投信を購入する形になるのです。
野村證券としては資金を運用出来ますし、契約者側も有利な
利益で運用していけます。

株式投信コースはそのままの意味で財形貯蓄を
そのまま株式として運用します。
組入利率の違いによって一般財形30と一般財形50、
住宅・年金財形30の3種類に分けられます。

いずれにせよ最終的な運用利益が目的となります。
しっかりと市場の動向を見守っていくようにしましょう。




posted by 賢い預金で暮らし上手 at | 財形貯蓄について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

財形貯蓄は一部解約できるの?


財形貯蓄を行っている方は多いと思います。

将来に備えて計画的に貯蓄をしていくことが出来るからです。
そして万が一の場合には一部解約をすることも出来るのです。

財形貯蓄というのは一般的には給与天引きという形で
行われることが多いようです。

入社時に申し込みをし、一定の金額を給与から毎月引いていきます。
上手くいけば退職時には大きな資産を得ることが
出来るという仕組みです。

単位は1000円以上となっていて1000円単位で好きに
決めることが出来るのが一般的です。
大体5000円から1万円で財形貯蓄を行う方が多くなっています。

途中で海外旅行やお子様の進学、結婚等まとまった資金が
必要になった時には一部解約という制度を使用します。

3年以上の定期貯蓄になるので3年以上預入するという
条件が付きますが、いつでも好きな時に引き出すことが出来ます。

また、例えば50万円という財形貯蓄を組んでいて途中で
10万円必要になった場合、一部解約という形で10万円のみを
引き出すことが出来るのです。

財形貯蓄には一般的には使い道自由の一般財形、住宅の新築や
増改築に使える非課税の住宅財形、老後の資金のための
非課税の年金財形があります。

金融機関によっても形が異なるので口座を持っている
金融機関に問い合わせてみましょう。


posted by 賢い預金で暮らし上手 at | 財形貯蓄について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

財形貯蓄の労使協定って何?


財形貯蓄を導入するにあたり、労使協定を
結んでおく必要があります。

財形貯蓄では従業員の給与から天引きという形で
貯蓄をしていく商品になります。

賃金控除を行わなければならないので労使協定で
それを証明するのです。

労使協定を結ぶ際にはどこで引き落としをするかなどの
金融機関も決めておく必要があります。

労使協定ではどのくらいの金額をいつ、どれくらいまで
といった事項を詳しく決めます。

例えば入社時から財形貯蓄を始めるのであれば1万円を
5月分の給与から天引きすることを書類によって書き記すのです。

いつまでというのは一般的には退職時といわれています。

基本的に一般財形であれば課税対象となるため、
源泉徴収の際には20%の税金が引かれます。

ただし、住宅財形と年金財形は非課税なので税金は発生しません。
そのあたりの取り決めについても事前に
労使協定を交わしておきましょう。

労働に関する問題では全てにおいて労使協定を
結んでおく必要があります。
トラブルが発生しても責任が持てないためです。

事業主との間で交わす必要があるため、派遣などの場合には
事前に確認をとっておきましょう。
便利に上手に財形貯蓄を利用していくことが大切になってきます。


posted by 賢い預金で暮らし上手 at | 財形貯蓄について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

財形貯蓄の所得税とは?


財形貯蓄はサラリーマンとして働いている方であれば
誰でも気になるものだと思います。

一般的な所得には所得税という税金が発生しますが、
これは財形貯蓄でも同様だと言えます。

財形貯蓄は給与天引きという制度を利用して計画的に
貯蓄を行っていくことが出来る商品です。

企業で行うので勤めている会社が財形貯蓄を契約して
いるかどうかがポイントとなります。

財形貯蓄が利用できる場合、使い道自由の一般財形、
住宅購入・増改築など住宅に関わる資金に利用する住宅財形、
将来の備えのための年金財形の3種類から選ぶことになります。

所得税は給料や預金、資金運用など収益が発生した時にかかる
税金のことです。
これはもちろん財形貯蓄にも適用されます。

源泉所得税という形で年間20%ほどかかるのですが、住宅財形、
年金財形に至っては非課税対象となるのです。

税金が発生しないのでその分節税になるという形です。

住宅財形、年金財形はその目的以外には使うことが出来ないので
注意も必要です。

ただ、こういった目的がある場合には税金対策として利用することが
出来るので覚えておいた方が良いです。

最初は一般財形という形で契約し、住宅購入の目的になった時には
住宅財形に変えることもできます。

上手に利用してムダな税金はカットしていきましょう。

posted by 賢い預金で暮らし上手 at | 財形貯蓄について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

財形貯蓄で減税できる?


財形貯蓄の種類によっては節税、減税ができる
メリットがあります。

上手に財形貯蓄を利用してムダな税金は支払わない方が
良いと思います。

一般的な預金商品には利子がつきますが、
実は利子には税金がかかります。
年間で10%が源泉所得税として発生しているのです。

財形貯蓄には目的のない一般財形と、住宅購入などにつかう
住宅財形、将来のための年金財形があります。

一般財形には税金がかかりますが、住宅財形と
年金財形については非課税となるため減税が出来るのです。

利子が発生すればそのまま利益となるため、毎月
貯蓄している額よりも少し多く貯めることが出来ます。

注意点としては住宅財形、年金財形として貯めていたのに
なんらかの理由で目的とは違って引き出しを行った場合は
非課税対象になりません。

減税にはならないのであくまでも目的のある貯蓄として
行っていきましょう。

普通預金や定期預金でも微々たるものですが利息は付きます。
しかしその微々たる利息から税金が支払われたのでは
全く意味がなくなってしまうのです。

特に住宅資金を貯める、将来のために備えるなどのしっかりした
目的があるのであれば断然財形貯蓄の方がお勧めできます。

ただし、財形貯蓄は会社の制度なので財形貯蓄の制度を導入して
いるかどうか会社に問い合わせておいた方が良いと思います。


posted by 賢い預金で暮らし上手 at | 財形貯蓄について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

財形貯蓄って退職時はどうなる?


財形貯蓄は会社の給与天引きを利用して行われる貯蓄制度なので、
会社を退職すれば退職時に解約となるのが通例です。

しかし、住宅財形や年金財形などは非課税という恩恵を
受けているため、できれば継続して貯蓄していきたいと
思う方も多いのです。

退職時に解約する場合には非課税と言う恩恵を返す必要があり、
それは貯蓄型と保険型の商品で異なっています。

いずれにしても各金融機関によって異なるので
問い合わせを行いましょう。

また、財形貯蓄を継続できるケースとして1年以内に財形貯蓄のある
会社に転職するという方法があります。

移動手続きを行えばそのまま継続することが出来るので、
住宅購入などの目的がある方にはお勧めできます。

年金財形の場合、退職時と年金支払い開始までに
差が生じるケースが多いと思います。

一定の条件を満たした55歳以上の方であれば年金受給開始の
60歳以上になるまで支給を5年以内で据え置くことが出来る
制度もあり、解約しなくても済むのです。

更に、住宅財形として貯蓄していて退職時に解約する場合、
その解約の理由が住宅購入以外だったとします。

そうなると過去5年にわたって非課税という恩恵を受けていた
利子については20%が課税されることになるので税金の支払いを
行わなければなりません。

posted by 賢い預金で暮らし上手 at | 財形貯蓄について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


金融機関の信頼
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。