定期預金利子の源泉徴収


源泉分離課税制度というものをご存知でしょうか。

これは対象となる所得は他の所得と全く分離して、
所得を支払う者が支払いの歳に一定の税率で所得税を源泉徴収し、
それだけで所得税の納税が完結する、というものです。

この源泉分離課税の対象となっている所得に定期預金などの
利子所得が含まれています。

日本ではこの源泉分離課税制度に基づいて、所得水準によらず
定期預金などの預金の金利には、一律20%の税
(所得税が15%、地方税が5%)が源泉徴収されています。

ただし、身体障害者など一部の条件を満たす個人が
預金者の場合には元本350万円までの金利にかかる
税を非課税とすることができます。

つまり日本国内の金融機関の定期預金の金利についてはすでに
源泉徴収がされているものであり、確定申告をする必要はなく、
またすることはできないということです。

ですので確定申告によって源泉税を取り戻すということも
できないわけですね。

日本国外の金融機関の場合は、日本の法律は適用されないわけですから、
預金の利子から税金が徴収されるということはありません。

ですのでこの場合の利子所得は総合課税の利子所得となり、
確定申告をしなければいけないということになります。




posted by 賢い預金で暮らし上手 at | 定期預金について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

安心感の高い郵貯銀行の定期預金


資産運用の方法というと株や土地で運用する投資信託や、
預けて金利で地道に増やす定期預金があります。

定期預金の中でも一般的に最も身近なものとなるとやはり
ゆうちょ銀行ではないでしょうか。

定期預金に対して多くの方は何を求めているのかということですが、

人によってはとにかく金利の高さを重視するかもしれませんが、
多くの方はやはり安心感という部分が非常に
大事なのではないでしょうか。

大きな銀行が潰れたというニュースをこれまで
何度も見てきたと思います。

安心感という意味ではやはりゆうちょ銀行が
他と比べると大きいですよね。

ゆうちょは現在は民営化されていますが、それまでは
郵便局として長く信頼を築いてきました。

民営化された現在でも、バックに『国』があるという
イメージは強く、これまでの信頼感をそのまま
引き継いでいると言えるでしょう。

定期預金の金利が高い銀行は他にいくらでもあると思います。
しかしゆうちょ銀行は長く培ってきた信頼感があり、
『郵便局』として身近な存在でどこでも利用できる
利便性もあります。

定期預金として利用することを考えると他の銀行よりも
劣るかもしれませんが、日々の生活に必要なお金を
出し入れするための銀行としては最良の銀行なのかもしれません。



posted by 賢い預金で暮らし上手 at | 定期預金について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


金融機関の信頼
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。